創業30年の信頼と実績
荻須高徳 絵画買取で失敗したくない方

荻須高徳の売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊では荻須高徳の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で荻須高徳の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは荻須高徳の絵画(油彩・水彩・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取の流れ

STEP1
無料査定お申込み

査定フォーム、お電話、メールで作品の情報をお寄せください。

STEP2
査定結果のご連絡

お送り頂いた作品情報から、査定額をお出しして、ご連絡いたします。

STEP3
買取方法の選択

作品の配送、持ち込み、出張買取にて作品をお預かり。最終的な作品の確認を致します。

STEP4
お支払い

買取成立、現金またはお振込みにてお支払い。

買取の流れ 詳細

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

荻須高徳作品の査定ポイント

近年、人気の高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。
少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

油彩など肉筆作品の査定ポイント

油彩作品

荻須高徳に限らず買取価格や作品相場は図柄によって大きく変わってきます。 重厚なパリの建物や街並みを描いた作品や明るい日差しに照り映えるベニスを描いた作品は人気もあり一般的に相場も高く、高価買取させていただきます。 多くの画家は晩年の作品評価が高く買取価格もそれに比例しているのですが、荻須の場合、フランスに行き佐伯祐三とともにパリの街頭で制作した頃1930年~40年の評価が非常に高く、他の画家とは違い、比較的若い頃描いた作品が高額評価されています。その頃の作品は佐伯祐三画伯の影響を受けており、荒々しい筆致で街角を描き、サインは独特な細い文字が特徴です。
荻須高徳作品の鑑定は現在、レザミ・ド・オギズで行っております。過去の荻須作品の鑑定証は、遺族の荻須恵美子氏、荻須美代子氏、Kiyoshi Tamenaga氏が発行していました。 お持ちの作品に鑑定書が付いていない場合は、翠波画廊が鑑定書の取得のお手伝いもいたします。 鑑定書を取るため、また相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどもお気軽にご相談ください。

<保存状態>
画面上にヒビや割れなどがないかを拝見します。 状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあるため、査定額が下がります。

版画作品の査定ポイント

モチーフについては、パリやベニスを描いた作品は人気があり相場、買取価格が高くなります。 翠波画廊では版画も高価買取させていただいておりますが、版画作品の場合、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合など、 マイナスの査定になってしまいます。 翠波画廊では画像をお送りいただいた段階で、色の退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。 画像をお送りいただいた段階で相場をお知らせさせていただき、問題が無ければそのお値段で買取させていただいておりますが、 作品を見せていただいてシミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

荻須高徳 略歴

1901年 荻須高徳愛知県に生まれる。
1927年 東京美術学校(現・芸大)卒業。渡仏。
1928年 モンパルナスのアトリエに居を定める。初めてのサロン・ドートンヌに2点を出品。
1930年 サロン・ドートンヌ会員。
1931年 サロン・デ・チュイルリーに招待されて出品。
1934年 ラット美術館(ジュネーヴ)でスイス最初の個展。
1936年 サロン・ドートンヌ会員に推挙される。
1937年 パリ万国博覧会美術展に「ガラージュ」を出品。
1940年 13年ぶりに帰国。新制作派協会に会員として迎えられる。紀元二千六百年奉祝美術展に「モンマルトル裏」を出品、文部省買い上げとなる
1948年 再渡仏、以後在住。
1949年 モナコで開催されたモナコ賞展で大賞を受賞。
1953年 フランスの美術批評家協会からポピュリスト絵画賞を贈られる。
1954年 「ヨーロッパ画壇における活躍と日本美術界への貢献」に対して第5回毎日美術賞(特別賞)を贈られる。日本外務省から日仏文化協定混合委員を委嘱される。
1955年 神奈川県立近代美術館で荻須高徳展が開催される。愛知県立文化会館美術館で荻須高徳展が開催される。
1956年 パリ市立近代美術館の「フランスと世界の画家展」に出品。ブリジストン美術で荻須高徳展が開催される。フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授与される。
1961年 サロン・デ・トロワS(フォンテーヌブロー)で大賞を受賞。
1962年 サロン・アニエールに出品し受賞。
1964年 ロンドンのウィルデンシュタイン主催の「パリ記念展」に出品。
1965年 毎日賞受賞記念大荻須高徳展(東京などで開催)。
1966年 モンテ・カルロ・テレビジョン国際フェスティバルの審査員として招かれる。
1967年 ムルロー工房で最初のリトグラフ(石版画)制作。
1968年 サロン・デ・ザルッティスト・アンデパンダンに出品。
1970年 トルーヴィル国際ビエンナーレに出品。
1971年 神奈川県立近代美術館にて萩須高徳展開催。
1978年 ブーローニュの森にあるシャトー・ド・バガテルでパリ市芸術活動委員会主催に「パリ在住50年記念大回顧展」開催される。
1980年 荻須高徳稲沢市名誉市民に推挙される。
1981年 フランス造幣局が彫刻家ルネ・コラマリーニに荻須高徳のメダル制作を依頼。文化功労者として顕彰される。
1983年 生地の愛知県稲沢市に稲沢市荻須高徳記念美術館が開館する。
1986年 荻須高徳パリのアトリエにて死去。

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細