創業30年の信頼と実績
草間彌生 絵画買取で失敗したくない方

草間彌生の売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊では草間彌生の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で草間彌生の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは草間彌生の絵画(アクリル・水彩・グワッシュ・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取の流れ

STEP1
無料査定お申込み

査定フォーム、お電話、メールで作品の情報をお寄せください。

STEP2
査定結果のご連絡

お送り頂いた作品情報から、査定額をお出しして、ご連絡いたします。

STEP3
買取方法の選択

作品の配送、持ち込み、出張買取にて作品をお預かり。最終的な作品の確認を致します。

STEP4
お支払い

買取成立、現金またはお振込みにてお支払い。

買取の流れ 詳細

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

草間彌生作品の査定ポイント

近年、世界的な人気が非常に高い状態は続いておりますが、価格は短い期間で変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

肉筆作品の査定ポイント

肉筆作品

図柄や技法、年代、保存状態等によって変わります。

<特に高価買取対象図柄>
・かぼちゃ(代表的な人気モチーフ。特に黄色)

<技法>
アクリル、水彩、パステル、インク、ペンなど
(作品にもよりますが基本的にはアクリルが最も高価買取)

<保存状態>
アクリルなどの場合、画面上にヒビや割れなどがないかを拝見します。 状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあるため、査定額が下がります。

※翠波画廊では、草間彌生の肉筆作品は、株式会社草間彌生の登録カードが付いているものを取り扱っています。 買取を希望されている作品に登録カードが付いていない場合は、翠波画廊が登録カードを取るためのお手伝いをいたします。ご相談ください。

版画作品の査定ポイント

版画作品

図柄や保存状態等によって大きく変わります。

<高価買取対象図柄一例>
・かぼちゃ(代表的な人気モチーフ。特に黄色)
・レモンスカッシュ(ラメ)
・ハイヒール(ラメ)

<技法>
リトグラフ、シルクスクリーン、銅版画など
(ラメやコラージュの作品は特に高価買取)

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

※近年は草間彌生作品の人気にともなって、贋物が出回ることも多くなりました。そのため、版画作品についても、株式会社草間彌生で、オリジナルと確認されたものだけを扱っております。

草間彌生作品の作品登録・照会機関

作品を買い取る際、株式会社草間彌生にてオリジナル作品の確認をとらせていただきます。草間作品は大変人気が高いため、近年贋作も多く出回っています。アクリル作品など一点ものについては、株式会社草間彌生による登録カードが必要です。また、版画作品(リトグラフ、シルクスクリーン、銅版画)についても私どもでは間違いのない作品を取り扱うため、株式会社草間彌生でオリジナル作品と確認された作品だけを買取しております。

 

<肉筆作品の場合>
メールで作品画像をお送りください。
買取査定価格をお伝えします。
作品と株式会社草間彌生への作品登録料(実費7万円+消費税)をお預かりします。
確認後、即金にて買取いたします。
※期間は3週間~1ヶ月(混雑状況によります)
※もしも草間彌生オリジナル作品と確認されなかった場合は、作品をご返却いたします。

 

 

 

翠波画廊では、草間彌生の作品も販売しております。

販売作品はこちら

草間彌生 略歴

1929年 長野県松本市に生まれる。
10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始め、水彩、パステル、油彩などを使った幻想的な絵画を制作。
1957年 渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。
1960年代後半にはボディ・ペインティング、ファッション・ショー、反戦運動など多数のハプニングを行う。また映画製作や新聞の発行などメディアを使った表現にも着手。
1968年 自作自演の映画「草間の自己消滅」は第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、アン・アーバー映画祭で銀賞、第2回メリーランド映画祭にて受賞。ヨーロッパ各国でも展覧会、ハプニングを行う。
1973年 帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。1983年小説「クリストファー男娼窟」で第10回野性時代新人賞を受賞。
1986年 フランスのカレー市美術館、ドール美術館にて個展。
1989年 ニューヨーク国際芸術センター、イギリスオックスフォード美術館にて個展。
1993年 第45回ベニス・ビエンナーレに参加。
1994年 野外彫刻を手がける。福岡健康センター、福岡美術館、ベネッセ・アイランド直島文化村、霧島アートの森、松本市美術館、松代駅前(新潟)、TGV リール駅前(フランス)、ビバリー・ガーデンズ・パーク(ビバリーヒルズ)、平和公園(安養市、韓国)に野外彫刻を、リスボンの地下鉄通路に壁画を制作。
1996年 主にニューヨークのギャラリーを中心に活動を始め、国際美術評論家連盟よりベストギャラリー賞
1995/96年 ベストギャラリー賞1996/97を受ける。
1998/99年 ロスアンゼルス・カウンティ・ミュージアムを皮切りに大回顧展がニューヨーク近代美術館、ウォーカーアートセンター、東京都現代美術館を巡回。
2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰を受賞。同年、フランス、コンソルシウムで始まった個展は、パリ日本文化会館、オーデンセ美術館(デンマーク)、レザバトア美術館(トゥールーズ)、クンストハーレーウイーン、アートソンジュ・センター(ソウル)、アートソンジュ・ミュージアム(慶州)を巡回。
2001年 朝日賞受賞。
2002年 松本市美術館開館記念個展、紺綬褒章授賞。
2003年 フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲、長野県知事表彰(芸術文化功労)受賞。
2004年 森美術館個展「クサマトリックス」(森美術館)は52万人を動員。同年、東京国立近代美術館より始まった個展が京都国立近代美術館、広島市現代美術館、熊本市現代美術館、松本市美術館を巡回。
2006年 ライフタイム アチーブメント賞(芸術部門)、旭日小綬賞、高松宮殿下記念世界文化賞(第18回)絵画部門受賞
2008年 ドキュメンタリー映画(ニアイコール) シリーズ第5弾「草間彌生 わたし大好き」公開。

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細