竹内栖鳳 絵画買取で失敗したくない方
竹内栖鳳をお売りになる前に
 まずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

 

 

 お客様のお手元で大切にされていた
      竹内栖鳳作品

 大切にしてくださる次のお客様へと
      橋渡しをさせていただきます

 翠波画廊 絵画買取サイトにご相談ください

選ばれている理由

翠波画廊では竹内栖鳳の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で竹内栖鳳の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは竹内栖鳳の絵画(日本画・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

お客様の声

絵画買取・美術品買取前の査定は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

査定フォーム

03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

作品の画像をお送りいただけましたら、より詳細な査定価格を出させていただきますが、画像を送るのが難しい方は、お電話でも承れますので、まずはお問い合わせください。

 

  • 出張査定(関東圏:群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川)も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

選べる買取方法

翠波画廊では、お客様のご希望に合わせて3つの買取方法をご用意しております。

銀座 翠波画廊とはイメージ

店頭

その場で買取、
現金にてお支払い

詳しくはこちら

配送

確認後、
即日お振込み

詳しくはこちら

出張買取

その場で買取
現金にてお支払い

詳しくはこちら

 

査定フォーム

は必須入力です

添付画像(3つまで可能)

ボタンを押すとカメラアプリを起動できます。
(既に撮っている写真も使用できます)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは1MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

作品の作家名
作品名
作品の技法
絵のサイズ
※額装サイズではなく
作品自体の画面サイズ
作家の自筆サイン
限定部数(版画)
鑑定書の有無
添付画像(3つまで可能)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

買取希望価格
購入時の価格
購入時期
その他
(わかることがあれば
ご記入ください)
ご売却の意思
姓名
フリガナ
郵便番号
-
都道府県

ご住所

電話番号

※メールが送れなかった際に連絡させていただきます。
メールアドレス

※半角英数でご記入ください。
お問い合わせに対する
当店の回答方法(複数回答可)
メール電話ご来店

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

プライバシーポリシー >

個人情報保護方針

株式会社ブリュッケは、常に安心・安全なサービスを提供し続け、いつまでも皆様に信頼される企業であり続けたいととの考えものと、以下の方針に従い、情報セキュリティの確保に努め健全な社会の発展に貢献してまいります。
絵画販売の事業における情報セキュリティの重要性を深く認識し、安心、安全な業務の推進に努め、情報セキュリティの確保に取り組んでまいります。
情報を保護することは、株式会社ブリュッケの事業活動の基本であり、企業としての重要な社会的責任である事を役員・従業員が十分理解し、個人情報保護法等の関連法令等を厳守してまいります。情報セキュリティの管理体制を整備し、情報への不正アクセス、情報の紛失・改ざん・漏洩の防止等に向けた物理面、システム面での厳格なセキュリティ対策の実施、社員教育の徹底、委託先への適切な監督等、情報の保護に向けた必要な取り組みを継続的に実施してまいります。

竹内栖鳳日本画作品の査定ポイント

竹内栖鳳に限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。竹内栖鳳は近代日本画を代表し、東の大観、西の栖鳳と評された竹内栖鳳は京都画壇の中心として活躍し、第一回文化勲章を受章するなど、現在最も高い評価が付く画家の一人です。
竹内栖鳳は1864年、京都の川魚料理店の長男として生まれます。13歳で京都四条派の土田英林で絵を習い始め、17歳の時、同派で京都画壇の中枢にいた幸野楳嶺に師事します。師匠が入門数日でその才能を見極めて「鳳は梧桐に棲み竹実を喰う」という古語から棲鳳という雅号を授けたと言われています。その後各種の展覧会で受賞を重ね、「楳嶺四天王」の筆頭と呼ばれます。1900年に、栖鳳はパリ万国博覧会視察とヨーロッパ各国へ渡欧してターナー、コローなどの影響を受け帰国後には西洋画の画法も取り入れ、収穫を記念して雅号を「栖鳳」に改めます。この頃描かれた、新古美術品展一等受賞の「獅子図」は淡い黄土(セピア)でライオンを描き大変評判となり 初期に描かれた獅子の図は日本各地の美術館に所蔵されています。写生を基本に、円山四条派に西洋画の写生を取り込んだ、栖鳳ならではのリアルなライオンは、一般のコレクターも探しており、高額で評価している構図です。
新たに開設された文展の審査員となり、「帝室技芸員」に推挙され名実ともに京都画壇の筆頭としての地位を確立、また多くの画塾を主宰するなど活躍の幅を広げていきます。猫などをモチーフにした代表作の他、動物画も数多く発表、鮮やかな花鳥画も高額買取対象の図柄です。また、制作当時から評判になっていたのが「雀の図」で、栖鳳が描く雀一羽で家が一軒建つとも言われ、その評価の高さが伺われます。現在は、雀一羽で家は建ちませんが、雀の数も高額査定の要素となりますので、ご所有の栖鳳作品が雀を描いていましたら、数を数えての査定をお勧め致します。

 

栖鳳は77歳で亡くなるまで作画三昧の日々を過ごし、京都を離れ晩年は神奈川県湯河原で過ごすことが多く、また潮来へ足を延ばし海浜風景も描いています。漁村から見える海景景色を鮮やかなブルーで表現するなど、霞ケ浦の農村を長閑に描写した晩年の作品は大変人気で査定評価も高いです。田園風景に浮かぶ船で、水面に浮かぶ水草を集めている構図は大変縁起の良い作品で人気もあります。船に水藻を沢山、山のように積むことから、関西では、[藻を刈る船を→儲かる船]として、縁起の良い例えとして重宝され、床の間に飾り商売繁盛を願った作品だと伝わっています。

現在、竹内栖鳳の鑑定は 東京美術倶楽部鑑定委員会で行っております。作品に鑑定書が付いてない場合は、翠波画廊が鑑定書の取得のお手伝いもできますのでご相談ください。
鑑定書を取るため、また相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどのご相談も承ります。美術品、絵画の査定評価も承っておりますので、ご希望がございましたらお問い合わせください。

 

美術品・査定評価について詳しくはこちら >>

 

竹内栖鳳

1864年、京都の御池通の魚料理店「亀政」の長男として生まれる。はじめ町絵師に師事し、1881年幸野楳嶺門下に入り棲鳳の号を受ける。その後、数々の展覧会で受賞を重ね、京都画壇若手の花形的存在となる。1897年頃から主宰した画塾竹杖会では、上村松園、土田麦僊、小野竹喬、徳岡神泉、橋本関雪ら多くの逸材を育て京都画壇で指導的役割を果たし、近代日本画の発展に尽くした。1900年から翌年にかけて渡欧、帰国後は西洋の写真表現を取り入れた画風を確立し、パリ万博の視察など行い、西洋絵画の陰影の付け方と空気遠近法や、西洋の写真表現を取り入れた画風を確立。ベルギーの動物園でライオン見て衝撃を受け、何度も足を運び徹底的に写生を行い、まるで生きているかのようなライオンの絵を完成させた。それまで、日本での獅子といえば唐獅子など空想上の存在だったが、栖鳳が描いたリアルなライオンの姿は初めて目にした明治の人々に強いインパクトを与え大評判となった。帰国後、西洋の「西」にちなんで名前を栖鳳と改める。「東の大観、西の栖鳳」とならび称せられ、1937年に第一回文化勲章を大観と共に受章した。1942年没。

スマホ絵画買取サイト

絵画買取・売却のことなら翠波画廊の絵画買取サイトにご相談下さい。
スマホ買取サイトでは、スマホで撮影して絵画の画像を簡単に送ることのできる便利機能もあります。
ぜひご利用ください。

 

買取強化作家のご案内

20世紀巨匠

現代美術

海外人気作家

日本画家

洋画家