創業30年の信頼と実績
熊谷守一 絵画買取で失敗したくない方

熊谷守一の売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊では熊谷守一の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で熊谷守一の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは熊谷守一の絵画や版画の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

熊谷守一作品の査定ポイント

近年も人気が高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

油彩など肉筆作品の査定ポイント

熊谷守一に限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。

熊谷守一は、明るい色彩と単純化されたかたちを用いた作風で知られます。晩年は花や虫や鳥など身近なものを、極端なまでに簡略化し、人気の作品を沢山描きました。

作品を見るポイントは、油彩で描かれた作品のサイン確認をまずお願いします。「クマガイモリカズ」とカタカナで書いていると晩年の作で、(中期の作品は漢字で熊谷守一)、この時代はキャンバスではなく板に描かれているのが特長です。椿や牡丹など、綺麗な花々などは、ここ最近、査定評価が高騰して買取価格も高額になっております。また、人気のモチーフには、猫があります。2018年に国立近代美術館で開催された展覧会で、多くのマスコミもこの作品を紹介した人気の題材です。

熊谷の描く油彩作品のほとんどが、求龍堂発行の熊谷守一油彩画全作品集に掲載されておりますので、ご所有の作品がございましたら画集での確認が出来ます。
画集が手元にないお客様は、作品画像をメールなどで翠波画廊へお送りください。確認させて頂きます。

二科会会員の濱田葆光の強い薦めで墨絵(日本画/毛筆画)と日本画に出会ってから後は、味わいのある書や素描などを残しており、これらは幅広いコレクターに人気のため、高価買取させて頂きます。書の文字は多彩で、床の間に飾る軸や玄関先に飾るめでたい言葉など楽しめる作品が沢山あります。

熊谷守一油彩作品の鑑定は 現在東京美術倶楽部鑑定委員会で、水墨画は熊谷守一水墨淡彩画鑑定委員会で行っております。作品に鑑定書が付いてない場合は、翠波画廊が鑑定書の取得のお手伝いもできますのでご相談ください。
この他、相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどのご相談も承ります。
美術品、絵画の査定評価も承っておりますので、ご希望がございましたらお問い合わせください。

版画作品の査定ポイント

モチーフについては、肉筆作品と同じく、花や猫はもちろん人気もあり、相場・買取価格が高くなります。 翠波画廊では版画も高価買取させていただいておりますが、版画作品の場合、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などマイナスの査定になってしまいます。 画像をお送りいただいた段階で、色の退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。 画像をお送りいただいた段階では相場をお知らせし、問題が無ければそのお値段で買取させていただいておりますが、 現品を拝見してシミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

熊谷守一 略歴

1880年  岐阜県恵那郡付知村に生まれる。
1897年 上京。
1904年 東京美術学校西洋画選科を卒業。文展に出品。
1909年 第3回展で「蝋燭」が褒状を受けた。
1915年  この年より二科展に出品、翌年二科会会員となる。
1947年 二紀会創立に参加し、会員となる。
1951年

二紀会を退会。

以後は無所属作家として世俗を離れ、自由な制作を楽しんだ。作風は次第に色と形を単純化しつつ独自の様式を確立。1964年にはパリで個展開催。晩年は身辺のものを多く描き、水墨画、書もよくした。代表作は「陽が死んだ日」(1927年 大原美術館蔵)など。
随筆集「へたも絵のうち」(1971年)がある。

1977年 東京で歿。享年97歳。

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細