創業30年の信頼と実績
東郷青児 絵画買取で失敗したくない方

東郷青児の売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊では東郷青児の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で東郷青児の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは東郷青児の絵画や版画の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

東郷青児作品の査定ポイント

近年も人気が高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

油彩など肉筆作品の査定ポイント

買取価格や作品相場は図柄によって大きく変わってきます。東郷青児らしい伏し目がちのしなやかな女性像が人気なのはもちろん、背景に城のある図柄は特に相場も高く、高価買取させていただきます。
また年代によっても作風が変わっていますので、価格にも違いが出てまいります。油彩の場合、画面上にヒビや割れなどがないかを見させていただきます。状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあり、そうなると査定額は下がってしまいます。
翠波画廊では、東郷青児の油絵作品は、東郷青児鑑定委員会の鑑定証が付いているものを取り扱っています。買取を希望されている東郷青児作品に鑑定証が付いていない場合は翠波画廊が鑑定証を取るためのお手伝いをいたします。もし、鑑定証が付いていなくても鑑定証が取れた場合の現在の相場、買取価格をお伝えいたしますので気軽にご相談ください。
また古い作品で、東郷青児鑑定委員会の鑑定証ではなく、東郷青児の娘さんである東郷たまみの鑑定シールが作品に付いている場合があります。その場合でも、現在では東郷青児鑑定委員会の鑑定証が必要になりますので、油絵をお持ちでしたら、まずはご相談ください。鑑定を取るため、また相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどのご相談も承っておりますので、ご希望がございましたらお問い合わせください。

版画作品の査定ポイント

リトグラフ、シルクスクリーン、銅版画など、版画作品も多様にございますので、高価買取させていただいております。版画作品の場合は、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などはマイナスの査定になってしまいます。画像をお送りいただいた段階で、色の退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。画像をお送りいただいた段階で相場をお知らせし、問題が無ければそのお値段で買取させていただいておりますが、現品を拝見してシミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

東郷青児 略歴

1897年 鹿児島に生まれる
1914年 青山学院中等部卒業
1915年 山田耕筰の東京フィルハーモニー赤坂研究所の一室で制作。日比谷美術館で初個展、この頃有島生馬を知り、以後師事する
1916年 第3回二科展に初出品した『パラソルさせる女』で二科賞を受賞
1921年 フランスに留学。リヨン美術学校で学ぶ
1928年 帰国し、留学中に描いた作品23点を第15回二科展に出品、第1回昭和洋画奨励賞を受賞
1931年 二科会会員となる
1938年 二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治とともに顧問となる
1961年 二科会会長に就任
1969年 フランス政府よりオフィシェ・ドルドル・デ・ザール・エ・レットル(文芸勲章)を授与される
1976年 東郷青児美術館(現:損保ジャパン東郷青児美術館)開設。勲二等旭日重光章受章
1978年 死去。没後、文化功労者、勲二等旭日重光章、正四位追贈

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細