創業30年の信頼と実績
東山魁夷 絵画買取で失敗したくない方

東山魁夷の売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊では東山魁夷の作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様で東山魁夷の特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトでは東山魁夷の絵画(日本画・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

東山魁夷作品の査定ポイント

人気の高い作家で、美術館で回顧展などが開かれると、その影響で価格も変動することがあります。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

日本画作品の査定ポイント

肉筆作品

東山が描いた作品の中でも代表作の一つ、緑の森に白い馬を描いた「緑響く」は現存する作品は数点しかなく、著名な美術館が所有しています。この白馬のいる風景シリーズは、東山が唐招提寺御影堂障壁画を構想していた1972年にだけ描いており、大変貴重な作品で、近年ほとんど流通していません。また、東山魁夷の唐招提寺御影堂障壁画は、構想から10年を費やして完成させた集大成で、色鮮やかに日本の風土である山雲や海景を、墨一色で壮大な中国の景色で描き、鑑真和上へ捧げた大作です。唐招提寺修復で、展覧会に貸し出され美術館内に御影堂内を再現して公開され大反響が起こっています。
作品査定を行う際には描いている素材に注目します。1955年~1960年にかけて、絹本から紙本へとかわっていくので、晩年の作品は紙に描いた作品が多くなります。一般的に作品は作家の晩年の評価が高く買取価格もそれに比例しているので、紙に書かれた作品の方が高額になる可能性は高いです。求龍堂より2004年に「求龍堂創業80周年記念東山魁夷全作品集」が出版され、こちらはレゾネに近いため多くの作品が掲載されています。肉筆画をお持ちの方は、一度ご確認されることをお勧めします。また、お持ちの作品の画像をお送り頂けましたら、作品集と照らし合わせ出来ますのでお問い合わせください。
なお現在、東山魁夷作品の鑑定は東京美術倶楽部で行っております。本画作品の場合、鑑定書がついているかをお確かめください。
また相続などに伴う評価(現在の相場)を知りたいなどのご相談もお気軽にどうぞ。美術品、絵画の査定評価も承っておりますので、ご希望がございましたらお問い合わせください。

価格は、図柄や技法、年代、保存状態等によって変わります。

<特に高価買取対象図柄>
白馬、山に霧や滝がある図柄

<支持体(描かれている素材)>
絹本、紙本(絹本よりも高額になる可能性が高い)

<保存状態>
シミや汚れ、破れなど状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあるため、査定額が下がります。

版画作品の査定ポイント

版画作品

東山魁夷の自筆サインが入っているオリジナル版画作品は査定額が高くなります。この他、東山魁夷没後に作られた新復刻作品も美術品としての価値がありますので、オリジナル、復刻問わず、まずはご相談ください。また、作品の状態によっても査定額は大きく変わりますので、シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。状態が悪いと、修復費用が必要となるために査定額が下がってしまいます。

価格は、図柄や保存状態等によって大きく変わります。

<高価買取対象図柄一例>
白馬、山に霧や滝がある図柄

<技法>
リトグラフ、木版、シルクスクリーンなど

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

東山魁夷肉筆作品の鑑定機関

東京美術倶楽部で行っております。本画作品の場合、鑑定書がついているかをお確かめください。作品に鑑定書が付いてない場合は、鑑定書の取得のお手伝いも致しますのでお気軽にお問い合わせください。

 

<肉筆作品の場合>
メールで作品画像をお送りください。
買取査定価格をお伝えします。
作品と東京美術倶楽部への鑑定料(実費30,000円)をお預かりします。鑑定後、即金にて買取いたします。
※鑑定期間は2週間~1ヶ月。
※もし東山作品と認められなかった場合は、当社配送料負担にて作品をご返却いたします。

東山魁夷 略歴

1908年 東山魁夷、横浜に生まれる。幼い頃より美術に興味を持ち、絵を描き始める。
1925年 現在の東京芸大に入学。奨学金を得る。
1929年 第10回帝展に初出品。
1931年 芸大を卒業。大学院に進む。この頃から自作に”魁夷”の署名を始める。
1933年 大学院の卒業制作を終えた後、ドイツのベルリン大学に入学。ドイツ語を学ぶ
1934-5年 ジャーマン・カウンシルによる初の日独学術交換留学生に選ばれ、ベルリン大学の哲学部美術史科に入学。
1935年 父親の病気のために、日本に帰国を余儀なくされる。
1937年 神戸のギャラリーで、東山魁夷展(初個展)を開催。ヨーロッパでのスケッチを展示する。
1938年 日独文化協会の公演を得て、東京でヨーロッパでのスケッチを中心にした東山魁夷展(個展)を開催。
1940年 結婚する。
1943年 中国にスケッチ旅行をする。
1944年 中国でのスケッチによる東山魁夷展(個展)を東京で開催。
1945年 徴兵されるが、終戦を迎え、すぐに画業に復帰する。
1947年 第3回日展で特賞を得、政府の買い上げとなる。風景画に専念することを決意する。
1950年 日展審査員に任命される。
1956年 第12回日本芸術院賞受賞。
1962年 デンマーク、スゥエーデン、ノルウェイ、フィンランドにスケッチ旅行をする。
1963年 スカンジナビアの風景を中心とした東山魁夷展(個展)を東京で開催。
1966年 皇居新宮殿の壁画を依頼され、日本の海岸を巡るスケッチ旅行をする。
1968年 壁画完成。
1969年 第10回毎日芸術大賞受賞。留学後初めてドイツを再訪。オールトリアにスケッチ旅行する。文化勲章を受章。国立近代美術館に数多くの作品を寄贈する。
1973年 唐招提寺の障壁画を依頼され、日本の海山を巡るスケッチ旅行をする。
1980年 全68面の第障壁画を完成する。
1981年 東京国立近代美術館で東山魁夷回顧展開催。入館者の記録を更新する。
1999年 5月6日逝去。勲一等瑞宝章を受章。

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細