ルノワール 絵画買取で失敗したくない方
ルノワールをお売りになる前に
まずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

 

 

 お客様のお手元で大切にされていた
    ルノワール作品

 大切にしてくださる次のお客様へと
      橋渡しをさせていただきます

 翠波画廊 絵画買取サイトにご相談ください

選ばれている理由

翠波画廊ではルノワールの作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様でルノワールの特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトではルノワールの絵画(油彩・水彩・グワッシュ)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

お客様の声

絵画買取・美術品買取前の査定は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

査定フォーム

03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

作品の画像をお送りいただけましたら、より詳細な査定価格を出させていただきますが、画像を送るのが難しい方は、お電話でも承れますので、まずはお問い合わせください。

 

  • 出張査定(関東圏:群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川)も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

選べる買取方法

翠波画廊では、お客様のご希望に合わせて3つの買取方法をご用意しております。

銀座 翠波画廊とはイメージ

店頭

その場で買取、
現金にてお支払い

詳しくはこちら

配送

確認後、
即日お振込み

詳しくはこちら

出張買取

その場で買取
現金にてお支払い

詳しくはこちら

 

査定フォーム


は必須入力です

添付画像(3つまで可能)

×

×

×

ボタンを押すとカメラアプリを起動できます。
(既に撮っている写真も使用できます)

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。
※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

作品の作家名
※わかる範囲で結構ですのでご記入ください
作品名
作品の技法
絵のサイズ
※額装サイズではなく
作品自体の画面サイズ
作家の自筆サイン
限定部数(版画)
鑑定書の有無
添付画像(3つまで可能)

×

×

×

※添付画像は1ファイルあたりのサイズは2MBまでとなります。
※添付できる画像の形式は拡張子が jpg または gif に限ります。

買取希望価格
購入時の価格
購入時期
その他
(わかることがあれば
ご記入ください)
ご売却の意思
姓名
フリガナ
郵便番号
-
都道府県

ご住所

電話番号

※メールが送れなかった際に連絡させていただきます。
メールアドレス

※半角英数でご記入ください。
お問い合わせに対する
当店の回答方法(複数回答可)

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

プライバシーポリシー >

個人情報保護方針

株式会社ブリュッケは、常に安心・安全なサービスを提供し続け、いつまでも皆様に信頼される企業であり続けたいととの考えものと、以下の方針に従い、情報セキュリティの確保に努め健全な社会の発展に貢献してまいります。
絵画販売の事業における情報セキュリティの重要性を深く認識し、安心、安全な業務の推進に努め、情報セキュリティの確保に取り組んでまいります。
情報を保護することは、株式会社ブリュッケの事業活動の基本であり、企業としての重要な社会的責任である事を役員・従業員が十分理解し、個人情報保護法等の関連法令等を厳守してまいります。情報セキュリティの管理体制を整備し、情報への不正アクセス、情報の紛失・改ざん・漏洩の防止等に向けた物理面、システム面での厳格なセキュリティ対策の実施、社員教育の徹底、委託先への適切な監督等、情報の保護に向けた必要な取り組みを継続的に実施してまいります。

ルノワール作品の査定ポイント

ルノワールに限らず、買取価格は図柄によって大きく変わります。その作家の代表的なモチーフや人気図柄の場合は、特に高価買取させていただいております。シミや退色がなく、きれいな状態で保存されていればそれだけ高額査定となります。状態が悪いと、修復費用が必要となるために査定額が下がってしまいます。
ルノワールの油絵など肉筆作品の買取には、ウィルデンスタイン・インスティチュートによる鑑定書が必要となります。お持ちの作品に鑑定書が付いていない場合はご相談ください。作品の買取は鑑定書が付いてからとなりますが、まずは鑑定書が取れた場合の相場、買取のお値段をお伝えいたします。

 

ピエール=オーギュスト・ルノワール

1841年、フランス・リモージュに生まれる。父は仕立屋、母はお針子で裕福な家庭ではなく、13歳の頃には磁器の絵付け職人として働きはじめた。ところが当時の工業化の煽りをうけ、仕事が減少したこともあり、幼い頃から関心のあった画家を志すようになる。お金を貯めて20歳のころにシャルル・グレールの画塾に入り、3年後にはサロンに初入選する。グレールのアトリエにて、モネやシスレーと出会う。その後はサロンでの入選と落選を繰り返す年が続いた。1874年にはモネらと初めての印象派グループの展覧会を開催。ルノワールは第3回目の展覧会まで参加したが、印象派展の評価はあがらず、再びサロンへ出展するように。生活のために、パトロンの肖像画を積極的に描くようになり、1879年サロンに出品した「シャルパンティエ夫人とその子どもたち」は好意的に評価された。1880年代にはイタリアへの旅行で、ラファエロや古代ローマの美術作品に魅了され、新たな手法を試行錯誤する。50歳を過ぎた頃から、フランス国内での評価が上がりはじめたが、1897年にはけがをきっかけに持病のリュウマチが悪化、暖かい気候の南フランスに移り住む。痛む右手に固定した絵筆で、柔らかな女性や裸婦像を描き、精力的に制作活動をつづけた。光あふれる戸外の風景をを好んで描いたモネに対して、ルノワールは女性や裸婦をはじめとする、人物画が生涯好んで描いた。

ルノワール略歴

スマホ絵画買取サイト

絵画買取・売却のことなら翠波画廊の絵画買取サイトにご相談下さい。
スマホ買取サイトでは、スマホで撮影して絵画の画像を簡単に送ることのできる便利機能もあります。
ぜひご利用ください。

買取強化作家のご案内

20世紀巨匠

現代美術

海外人気作家

日本画家

洋画家