創業30年の信頼と実績
シャガール 絵画買取で失敗したくない方

シャガールの売却をご検討でしたらまずは翠波画廊の査定額をお確かめください。

選ばれている理由

翠波画廊ではシャガールの作品は人気がありとてもよく売れています。当画廊のお客様でシャガールの特定の作品を探してほしいとのご依頼も多くいただいております。
そのため当画廊の絵画買取サイトではシャガールの絵画(油彩・水彩・パステル・版画)の買取には特に力を入れております。
翠波画廊の買取サイトが、お客様の大切のされていた作品を気に入ってくださり大切にしてくださる次のお客様のもとへと橋渡しさせていただきます。

買取り3つの約束

1.小売りで培った、まごころの接客絵をお買い求めいただくお客さま、絵をお売りになりたいお客様共にご満足いただけるよう、
お客さま第一で活動しております。

2.長年の実績から相場に基づいた適正な査定年間1500点ほどの作品を販売していく中で同数の作品の仕入れを行っております、仕入れで養った相場観をいかして適正な査定価格を出させていただきます。

3.大切にされてきた作品を次のお客様へと橋渡し家で大切にされてこられた美術品を大切にしてくれる次のお客様へと橋渡しさせていただきます。

お客様への3つの安心

1.ご相談、お見積もりなど、査定は無料今の相場を知りたい、買取価格を知ってから売却を検討したい等、お気軽にご相談ください。
ご相談は無料です。

2.8日以内ならキャンセル可能(出張買取時)8日以内でしたら、買取キャンセル、返品の対応をさせていただきます。
(店頭買取の場合は対象となりません)

3.個人情報保護、セキュリティ管理翠波画廊では、しっかりとしたセキュリティ管理のもと、お客様の大切な個人情報の徹底管理を義務付けております。ご安心ください。

さらに詳しく

シャガール作品の査定ポイント

近年、世界的な人気が非常に高い状態は続いておりますが、価格は市場相場に応じて変動しております。少し時間が経っただけで変化してしまう可能性もございますので、お売りになる場合は、お早めにご相談ください。

油彩、パステルなど肉筆作品の査定ポイント

油彩作品

買取価格や作品相場は図柄によって大きく変わってきます。
シャガールブルーと呼ばれる青が特徴的に使われている作品や、シャガールが魅了されたサーカスモチーフの作品など、人気のある図柄は相場も高く、高価買取させていただきます。
油彩の場合、画面上にヒビや割れなどがないかを見させていただきます。状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあり、そうなると査定額は下がってしまいます。
翠波画廊では、シャガールの肉筆作品は、コミテ・マルク・シャガールの鑑定書が付いているものを取り扱っています。買取を希望されているシャガール作品に鑑定書が付いていない場合は翠波画廊が鑑定書を取るためのお手伝いをいたします。
もし、鑑定書が付いていなくても鑑定書が取れた場合の現在の相場、買取価格をお伝えいたしますので気軽にご相談ください。

<特に高価買取対象図柄>
花束、カップル、サーカス

<保存状態>
画面上にヒビや割れなどがないかを拝見します。 状態が悪い場合は修復が必要となる場合もあるため、査定額が下がります。

版画作品の査定ポイント

版画作品

版画については直筆サイン入りの作品を積極的に買取しております。
作品としては、特に人気のあるダフニストクロエやサーカス、パリシリーズなどは相場・買取価格が高くなります。
リトグラフポスターでも、三大ポスターと呼ばれる「魔的」や「カルメン」「ロミオとジュリエット」などは需要も高いため、高価買取させていただいております
版画作品の場合は、経年による色の退色、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などはマイナスの査定になってしまいます。画像をお送りいただいた段階で、色の退色はおおよそみることができるのですが、薄いシミなどは画像だけでは分からないことがあります。
現品を拝見してシミなどが見つかった時には価格が下がってしまうこともございます。

左:ダフニスとクロエ、中央:サーカス、右:カルメン

<高価買取対象図柄一例>
ダフニスとクロエのシリーズ、サーカス、パリシリーズ
魔笛、カルメン、ロミオとジュリエットなど
シャガールの自筆サインが入った作品

<技法>
リトグラフ、銅版画、木版画など

<保存状態>
折れや汚れ、経年による退色や、湿気からくるカビでシミが出てしまった場合などは価格が下がります。

シャガール作品の鑑定機関

コミテ・シャガールの鑑定証

シャガールは生前から人気が高く、その分贋作も多く出回っています。
翠波画廊では、油彩、水彩、素描などの肉筆作品は、公式の鑑定機関とされるコミテ・シャガールの鑑定書付きのものだけを取り扱いご紹介しています。

マルク・シャガール 略歴

1887年 7月7日ヴィテブスク生まれ。両親はユダヤ人。
1907年 ぺテルスブルグの美術学校で学ぶ。
1910年 13年以後、詩人ブレーズ・サンドラール、マックス・ジャコブをはじめ、レジェ、モジリアーニ、ドローネなどの画家と知りあい、アポリネールと親交を結び、アンデパンダン展に出品。
1914年 ロシアに帰る。ベルリンで初個展。初期作品は印象派風だったが、ピカソを知り立体派に感化される。
1917年 革命後の故郷で美術人民委員に選ばれたが、マーレヴィッチとの不和でパリに戻る。やがて、明るさと思索性、神秘性をあわせたシュールレアリスム作風を確立。
1922年 ベルリンへ寄り、版画家ヘルマン・シュトックを知り、銅版画技法を習得。
同年最初の銅版画「わが生涯」を出版者カッシラーの依頼で制作。
1923年 パリへ渡る。ヴォラールの依頼によりゴーゴリーの「死せる魂」及び、ラ・フォンテーヌの「寓話」の銅版画を制作。
1931年 ヴォラールの依頼で壮大な主題「バイブル」に取り組むためパレスチナへ旅行。
1939年 カーネギー賞受賞。
1945年 ニューヨーク近代美術館及びシカゴ・アート・インティテュートで回顧展開催。
1954年 ギリシャへ旅行。カラー・リトグラフ「ダフニスとクロエ」の仕事開始。
1956年 サーカスをテーマにリトグラフを制作。銅版画「バイブル」を発表。
1958年 「デッサンバイブル」カラー・リトグラフ25点制作。(60年発表)
1963年 パリ・オペラ座の天井画制作。東京、京都で大回顧展開催。
1965年 カラー・リトグラフ「エクソダス」制作。
1967年 生誕80周年を記念チューリッヒ、ケルンで大回顧展開催。ルーブル美術館で「聖書の使命」展開く。
1976年 東京国立近代美術館で個展を開く。
1985年 死去。

 

買取強化作家

さらに詳しく

出張買取地域

作品の点数によっては、
出張買取も致しております。

北海道

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

徳島県、香川県、愛媛県、高知県

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

沖縄県

出張買取 詳細