絵画買取MENU

メールマガジン Mail Magazine


メルマガ会員募集中

会員登録は無料です。お気軽にご登録下さい。
翠波画廊のメルマガ会員にご登録頂きますと、翠波画廊の最新情報、
お買い得作品情報をいち早くお届けいたします。

メルマガ会員募集中

オススメ最新情報

新入荷作品の中からおすすめの逸品をご紹介します。最近のオススメ美術展情報などをご案内します。

お買い得作品のご案内

新入荷作品の中から特別価格でご案内できる作品をご紹介します。

イベント情報

当画廊や全国の百貨店で開催予定の展示会や作家の来日展の情報をご案内します。

ホームページピックアップ

翠波画廊ホームページの中からお勧めのページをご紹介いたします。

「作家の顔」

作家にまつわるエピソードから作家の素顔に迫る「作家の顔」を掲載しております。
「作家の素顔」のバックナンバーはホームページに掲載中。

「メルマガ配信アートコラム」

アート最前線の情報からアートに関する身近な疑問まで、通勤電車の中やちょっとした隙間時間を利用して気軽に読んでいただけるコラムを
 連載中。

 

メールマガジンにご登録いただいた方には、
ヨーロッパで大人気ハンス・イヌメのオリジナルポストカードを特別にプレゼントいたします。(どの色になるかはお任せください)
この機会をお見逃しなく。まずはお気軽にご登録ください!

merumaga_01

 

 

氏名【必須】
フリガナ
郵便番号  ※プレゼントをご希望の方はご入力ください。
都道府県  ※プレゼントをご希望の方はご入力ください。
住所  ※プレゼントをご希望の方はご入力ください。
電話番号
メールアドレス【必須】
※半角英数でご記入ください。

アンケートのお願い

絵画の購入経験について 今までに購入経験はない
何度か購入経験がある(購入回数 1回  2回  3回以上)
(購入経験がある方とお答えの方に)購入の目的・動機(複数回答可)
好きな絵画のジャンル(複数回答可) 日本画  洋画(国内作家)  洋画(海外作家)  版画(国内作家)  版画(海外作家)
現代美術

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。




 

 

メルマガ過去送信サンプル

1 オススメ最新情報

メルマガ会員募集中2

ジェームスリジィの新着作品が多数、ドイツの版元から届きました。

大人気のリジィ3Dシルクスクリーン作品です。額装したばかりで画廊にございます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

「船でパーティー」画寸 18.4×19.2cm
税込 248,400 円 (本体 230,000 円)
トップへ

2 お買い得作品のご案内

メルマガ会員募集中3

東郷青児「想い出の城」特別ご案内

東郷青児の魅惑の世界を余すところなく描き切った代表作を翠波画廊でメルマガをお送りしているお客様3部限定で発表価格、税込302,400円(本体280,000円)のところ、
特別価格80,000円(税込)のご優待価格にてご提供させていただきます。

「想い出の城」画寸 44.5×38cm
複製リトグラフ版画
500 部限定
トップへ

3 イベント情報

メルマガ会員募集中4

憧れの都パリの現在を描いて今ヨーロッパで注目のティエリー・デュヴァル来日展を開催いたします。リアリズムでありながら詩情あふれる繊細な世界

セーヌ河の水面に映える光の煌めき、
後援の木陰にさす木漏れ日、
パリの喧騒の中を行きかう車や人々、

パリの現在の何気ない一コマを豊かな感受性と卓越したテクニックで情感豊かに描く
ティエリー・デュヴァルの作品はここ数年フランス国内の色々なアート雑誌で取り上げられるなど確実に評価とファンを増やしています。
新作も含めた作品を一堂に展示いたします。どうぞご来場ください。

tiery

トップへ

4 ホームページピックアップ

資産運用コンサルタントの林敬一氏と、医学博士河内文雄によるアートコラムを連載しております。

一見すると絵画とは無関係に思える分野のお二人ですが、それぞれの観点から絵画に対する価値、そしてもちろん楽しみ方について語っていただいています。

林敬一氏コラム

河内文雄氏コラム

トップへ

5 「作家の顔」

このコーナーでは、当画廊オススメ作家の素顔に迫るちょっとしたエピソードをご紹介します。

「おもちゃは漆喰」ユトリロの生まれたモンマルトルは、煉瓦や漆喰の階段などが多い町でした。
子供の頃、独りで漆喰のカケラを並べて遊んでいたユトリロは、大人になってもその記憶が色濃く残っていたようで、
「パリから一つだけ持ち帰るとしたら何がいいか?」という問いに「ひとかけらの漆喰」と答えたといいます。
油絵の具にも漆喰を混ぜて使っていたという、ユトリロが描き続けたモンマルトルは、どこか哀愁を帯びた街に見えます。

「作家の顔」バックナンバー

トップへ

6「メルマガ配信アートコラム」

このコーナーでは、アート最前線の情報からアートに関する身近な疑問まで、気軽に読んでいただけるコラムを連載しております。

「メルマガ配信アートコラム」
バックナンバー

トップへ