アートコラム

モネに先に描かれてしまった!?「睡蓮」を巡る逸話とは?

2017/09/11

印象派の画家、モネが後半生を過ごしたのはフランス北部のジヴェルニーです。
42歳でジヴェルニーに居を構えてから、86歳で没するまで、モネはジヴェルニーに住み続け、晩年は庭の池に育てた睡蓮を描き続けました。
ジヴェルニーには、今もなお、観光地としてモネの家が残されています。
当時のままに手入れされた庭園の池には、モネが見たのと同じ睡蓮が浮かんでいます。
このジヴェルニーで、モネと同じく睡蓮の絵を描いた画家が、現代の印象派として名高い、ギィ・デサップです。
今回は、2017年に来日したデサップのインタビューをお届けします。

 

――あなたの絵は、現代の印象派と呼ばれていますが、ご自分ではどう思いますか?

 

デサップ:印象派は写真のようなリアリズムを追求するのではなく、自分の感じた印象をキャンバスに表現した芸術家の先駆です。ですから、印象派以降の芸術家は、私も含めて全員が、印象派の影響を受けているとも言えます。その中でも、特に私が印象派と言われるのだとしたら、光の表現に凝っているからでしょう。しかし、19世紀の印象派の画家は、キャンバスにさまざまな色を表現しましたが、ディティールについてはそれほど細かく描いていません。私の場合は、詳細に描くのが好きなので、そこに違いがあります。

 

%e9%a1%8d%e8%a3%85%ef%bc%9a%e6%9c%9d%e3%81%ae%e7%9d%a1%e8%93%ae%ef%bc%8820%e5%8f%b7%ef%bc%89

▲「朝の睡蓮」油彩 20号

 

――睡蓮の絵はとても素敵ですね。なぜ、いまモネの睡蓮を描こうと思ったのですか?

 

デサップ:睡蓮を描こうというよりも、水面で揺らぐ光の明暗とか、具象画だけれども抽象的な題材を描くことに興味がありました。モネは素晴らしい画家なので、先に描かれてしまっていたのです(笑)。もちろん、ジヴェルニーの池を描けば「モネ」と言われることはわかっていました。モンマルトルの街並みを描けば「ユトリロ」と言われるし、アルルの風景を描けば「ゴッホ」と言われるでしょう。そのように言われるのを避けるために、別の題材を選ぶ人もいますが、私は自分の心が描きたいものを描きます。何を描いても、そこには私の個性が表れるのでかまわないと思います。自分のスタイルを確立することができて、しかも、それが世の中に受け入れられた私は幸運でした。

 

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%80%81%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%bc%e3%83%aa%e3%82%bc%ef%bc%88%e8%8c%b6%ef%bc%8920%e5%8f%b7

▲「パリ、シャンゼリゼ(茶)」油彩 20号

 

――あなたの絵のスタイルとは、どのようなものでしょうか?

 

デサップ:私の絵はコントラストを強くとっていることが特徴です。明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く描くことを意識しています。パリの街を描くときには、ネオン輝く夜景が多いですが、それもコントラストを強めるためです。また、しばしば雨の上がった後の水たまりを描いて、水に反射する光を描くことで、絵の中の光を多くしています。それから、マチエールにも注意を払っています。実際に絵を見ていただければわかりますが、絵具を塗り重ねて立体的にしています。そして、ユトリロが絵具に漆喰を混ぜたように、私は絵具に砂や樹皮を混ぜています。土や木の幹を描くときに砂や樹皮を混ぜることで、本物のように見せることができるからです。

 

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%81%ae%e8%8a%b1%e5%b8%82%e5%a0%b4%ef%bc%888%e5%8f%b7%ef%bc%89%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%88%86%e7%9a%84

▲デサップ独自のマチエール

 

――そもそも、絵を描きはじめたのは何歳の頃からでしたか?

 

デサップ:最初に油絵を描いたのは、10歳のときでした。キャンバスがなかったので、飛行機の模型の羽に張ってあった布を取り外して、自分組んだ木枠に張ってキャンバスを自作しました。絵具を買うお金もなかったので、妹の貯金箱からこっそり借りました。そして、台所の窓から屋根に出て、屋根から見える街の風景を描いたのです。夢中で描いていると、母が帰ってきて怒られました。アパートの4階の屋根だったので危険だというのです。そのとき描いた絵は、70年経った今でも持っています。

 

001

▲初公開! 初めて描いた油彩

 

次回、後編では、「ゴッホの魂が乗り移っていた!? 」デサップの知られざる若い頃から現在に至る活動の軌跡をお届けします。

 

また、ギィ・デサップの絵画を一堂に展示販売する絵画展が、伊勢丹新宿店で開催されました。 
この機会にぜひ作品をご覧ください。

 

「現代の印象派 ギィ・デサップ絵画展」<終了しました>

伊勢丹新宿店 本館5階 アートギャラリー
9月13日(水)~19日(火)

 

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されています!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

コラム一覧に戻る