絵画買取MENU

荻須高徳 作品一覧
TAKANORI OGUISS

 

パリの日常風景に魅せられた画家

荻須高徳 1901年-1986年

 
 

 

荻須高徳作品を数多く取り揃え、展示販売しております

文化勲章受章の洋画家、荻須高徳。25歳で渡仏してから84歳で亡くなるまでフランスで暮らし、歴史の染み渡る古い石造りの建物やパリの裏町、名もない食品店などを描きました。作品には人物がほとんど描かれませんが、画面の質感やそこに漂う空気感からは、不思議とそこに生きる人々の暮らしや息遣いが感じられます。長年フランスに住み、創作活動を続けた荻須には、異邦人としてではなく、そこで暮らす生活者の視線が生まれていたのかもしれません。

日本国内の美術館にも多く収蔵され、近年その評価はますます高まっている、荻須高徳。リビングや自室に飾りたいというお客様のお声も多いため、翠波画廊では肉筆から版画まで仕入れを強化し、幅広く取り揃えております。

   
 

荻須高徳の人気絵柄を豊富に

翠波画廊にお越しいただければ、荻須高徳の代表作や人気作品の現品をご覧いただけます。

 
   

油彩 「観覧車」 

1932年頃 油彩10号

暗く荒々しいタッチで描かれた、初期の貴重な油彩作品です。この作品のように、戦前の荻須の作品には、フランス渡航の際に頼った先輩画家、佐伯祐三の影響が強く見られます。30歳という若さで亡くなった佐伯とは、フランスで共に過ごした時間は1年にも満たなかったのですが、一緒ににパリ下町の建物を描いたり、写生旅行に出かけるなど、佐伯から受けた影響は大きかったのでしょう。

 

 

 

 

リトグラフ 「ガブリエル通り」

1977年 150部 46x56.5cm

人の姿をほとんど描き入れない荻須。けれども不思議とそこには人が生活している温もりが感じられます。それは、パリの風景の中でも何気ない路地や、通りをモチーフにしているからかもしれません。

 

 

   

 

リトグラフ 「石炭屋」

1986年 250部 47x38.5cm

パリを愛した画家の最晩年の作品。このリトグラフの本刷りを終えた後、荻須は急逝します。この作品も、パリの市立美術館で開かれた荻須の遺作展に展示されました。

 

 

荻須高徳の作品は他にもございます。ぜひ作品一覧をご覧ください。

 

 

本物だけを取り扱っております

翠波画廊では、荻須の長女である、荻須恵美子氏の鑑定書付きの油彩作品を取り扱っています。

版画作品は、カタログレゾネに掲載の作品を取り揃えております。初めて荻須作品を手にする方から、荻須作品を集めたいとお考えの方まで、安心して作品をお求めいただけます。

(画像:エディション・ダ−ル・ド・フランコニ−刊のカタログレゾネ)

 

   

 

 

パリとベニスに魅せられた手

薄曇りに照らされたパリの裏路地や古い建物を好んで描いた荻須が、たびたび長期滞在をしては作品を描いた場所にベニスがあります。パリとは対照的な明るい陽光の射す都市ベニス。荻須はここでも豪華な宮殿や観光名所のような表向きの風景ではなく、古ぼけた赤い壁や流れる運河に瞬く建物など、人々の温かみを含んだ町の奥、裏側の空気に目を向けて多くの作品を描きました。

   
 

安心の返品保証

ご購入時の安心材料として、30日以内の返品受付、返品保証を行っており、

もしお部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

 

 

荻須高徳作品のご購入をご検討の方

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。
TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

お問い合わせお待ちしております。


1 / 3123
1 / 3123

 

 

翠波画廊では、荻須高徳作品の買取も行っております。荻須高徳作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

荻須高徳 略歴
TAKANORI OGUISS

1901年 荻須高徳愛知県に生まれる。
1927年 東京美術学校(現・芸大)卒業。渡仏。
1928年 モンパルナスのアトリエに居を定める。初めてのサロン・ドートンヌに2点を出品。
1930年 サロン・ドートンヌ会員。
1931年 サロン・デ・チュイルリーに招待されて出品。
1934年 ラット美術館(ジュネーヴ)でスイス最初の個展。
1936年 サロン・ドートンヌ会員に推挙される。
1937年 パリ万国博覧会美術展に「ガラージュ」を出品。
1940年 13年ぶりに帰国。新制作派協会に会員として迎えられる。紀元二千六百年奉祝美術展に「モンマルトル裏」を出品、文部省買い上げとなる
1948年 再渡仏、以後在住。
1949年 モナコで開催されたモナコ賞展で大賞を受賞。
1953年 フランスの美術批評家協会からポピュリスト絵画賞を贈られる。
1954年 「ヨーロッパ画壇における活躍と日本美術界への貢献」に対して第5回毎日美術賞(特別賞)を贈られる。日本外務省から日仏文化協定混合委員を委嘱される。
1955年 神奈川県立近代美術館で荻須高徳展が開催される。愛知県立文化会館美術館で荻須高徳展が開催される。
1956年 パリ市立近代美術館の「フランスと世界の画家展」に出品。ブリジストン美術で荻須高徳展が開催される。フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を授与される。
1961年 サロン・デ・トロワS(フォンテーヌブロー)で大賞を受賞。
1962年 サロン・アニエールに出品し受賞。
1964年 ロンドンのウィルデンシュタイン主催の「パリ記念展」に出品。
1965年 毎日賞受賞記念大荻須高徳展(東京などで開催)。
1966年 モンテ・カルロ・テレビジョン国際フェスティバルの審査員として招かれる。
1967年 ムルロー工房で最初のリトグラフ(石版画)制作。
1968年 サロン・デ・ザルッティスト・アンデパンダンに出品。
1970年 トルーヴィル国際ビエンナーレに出品。
1971年 神奈川県立近代美術館にて萩須高徳展開催。
1978年 ブーローニュの森にあるシャトー・ド・バガテルでパリ市芸術活動委員会主催に「パリ在住50年記念大回顧展」開催される。
1980年 荻須高徳稲沢市名誉市民に推挙される。
1981年 フランス造幣局が彫刻家ルネ・コラマリーニに荻須高徳のメダル制作を依頼。文化功労者として顕彰される。
1983年 生地の愛知県稲沢市に稲沢市荻須高徳記念美術館が開館する。
1986年 荻須高徳パリのアトリエにて死去。

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

  分割でのお支払いもご利用いただけます。
  ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

ご購入・絵画販売について >>

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス >>