絵画買取MENU

南 桂子 作品一覧
KEIKO MINAMI

南桂子の銅版画を取り揃えご紹介しております。
掲載作品は翠波画廊で現品をご覧いただけます。


1 / 212
1 / 212

「人間なんて誰も信じられやしない。自分だってそうよ。人間なんてうそつきさ」

長谷川潔、浜口陽三と並ぶ、日本を代表する銅版画家、南桂子。日本ではあまり活躍がないためご存じない方も多いかもしれません。しかし海外では知名度も高く、オークションでは高値で取引される世界的な銅版画家です。

日本橋にある「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」では、南桂子の作品を所蔵しており、時々展覧会が開催されます。
これまでの展覧会では、銅版画や初期の油彩の他、南桂子の絵が使用された書籍や教科書、童話の直筆原稿の展示などもあり、国際的作家としての活躍が垣間見えるものでした。

 

幼い頃に両親を亡くし、一度目の結婚によって子供ももうけましたが、幸せな結婚生活にはならず、その後、絵画制作や童話制作などを行うようになった南桂子。戦後、まだ女性の画家が少なかった時代です。転機は、浜口陽三との出会いでした。浜口によって、自らの生涯を運命づける版画の世界を知り渡仏したのです。

冒頭の言葉は、パリで交流のあった彫刻家、宮脇愛子に言ったものだといいます。繊細で透明な世界観を作品にする南桂子という人からは想像できない言葉かもしれません。しかし、時代の波に呑まれながら女性が異国で成功を収めるために歩んできた道は、壮絶な人生だったに違いありません。でもだからこそ生み出された南桂子の世界は、限りなく優しく温かい、すべてを包み込むような穏やかな詩となったのです。

 

南桂子の作品は、現代絵画に長く失われていた感情を呼び起こし、多くの人を惹き付けました。
ニューヨーク近代美術館とユニセフのクリスマスカードに作品が採用、その後ユニセフのカレンダーにもなったことで全世界の人々に愛されました。
南桂子の作品は、時代を超えて、殺伐とした現代世界に生きる私たちに語りかけてきます。

 

翠波画廊では、南桂子の人気作品を多数取り揃えております。ぜひご覧ください。

南桂子 作品一覧はこちら >>

 

翠波画廊では、南桂子作品の買取も行っております。南桂子作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

南 桂子 略歴
KEIKO MINAMI

1911年 富山県高岡市に生まれる。
1928年 高岡高等女学校を卒業。壷井栄に童話、森芳雄に油絵を学ぶ。浜口陽三に出会い版画の世界を学ぶ
1950年 自由美術家協会展、日本版画協会展に出品
1953年 渡仏。以降パリに在住(~1982年)
1954年 フリードランデル版画研究所に学ぶ
1955年 パリ・アンデパンダン展出品(版画作品がパリ市買上げ)
1960年 東京で個展「フリードランデル・浜口陽三・南桂子展」(神奈川県立近代美術館)出品
1965年 リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展出品
1982年 サンフランシスコに移住(~96年)
2003年 「浜口陽三・南桂子展」(練馬区立美術館)
2004年 12月、逝去

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス