ギィ・デサップ
作品一覧

現代印象派画家ギィ・デサップの作品は画廊にてご覧いただけます。

作品一覧よりご興味のある作品がございましたらお気軽にお問い合わせください。

作品をもっと見る

無料進呈! 絵画購入で失敗しないために、「絵画の買い方・楽しみ方 」テキストプレゼント

カタログ請求はこちら

 

作品カテゴリ一覧

 

ギィ・デサップ 絵画販売サイト

現代の印象派として世界的に注目を集める
ギィ・デサップ

1938年~

ギィ・デサップ作品を数多く取り揃え、展示販売しています

 

モネやルノワールなど世界中で愛されている印象派の流れを汲み、自ら創案した点描技法を取り入れることで、現代の印象派と呼ばれ、フランス画壇を代表するギィ・デサップ。
ヨーロッパはもとよりアメリカや日本でも多くのファンを魅了し、世界各地で絶賛されています。
一枚一枚に情熱を注ぎ、こだわりを持って生み出される質の高い作品は、あまり多くを制作することが難しいため、来日展や通常の販売によって、常に作品が足りない状態です。全国には、デサップの新作を待ち望むファンから問い合わせも多く、翠波画廊では、デサップから作品が届き次第ご案内し、販売しております。

質の高い現代印象派の油彩作品

ギィ・デサップ絵画販売サイトでは、油彩作品を6号から30号まで幅広く取り揃え販売しております。
絵画販売サイトに掲載されている絵画は、翠波画廊にご来廊いただければ、現品をご覧いただけます。

油彩20号

「朝の睡蓮」

税込1,728,000円

フランス、ジヴェルニーのモネの庭を再現した高知県にあるモネの庭にも訪れて描いたデサップ。睡蓮の作品は、静かな感動を呼び起こします。

油彩6号

「パリ、凱旋門 III」

1.3x22.4cm
税込756,000円

古き良きパリの街。濡れた路面に映る街灯の明かりが、観る者の郷愁を誘う、デサップの代表的なモチーフが描かれた人気の一枚。

ギィ・デサップ絵画販売サイトに掲載されていない絵画もございます。
お探しの作品がございましたら、翠波画廊にお問い合わせください。

作品一覧

毎年、全国有名百貨店にて来日展を開催

 

奥様が日本人ということもあり、デサップにとって日本は第二のふるさとのような存在だといいます。
親日的なデサップは、大好きな日本の皆さんに笑顔になってもらいたいという気持ちも込めて、毎年、全国の有名百貨店にて来日展を開催し好評を博しています。

 

NHKでも取り上げられ話題に

 

2012年4月には、NHKのニュースで来日展が取り上げられました。
「絵の風景の中に入り込んで、その中を散歩するような気持ちで見てほしいです」と語るデサップ。
現代印象派のフランス人画家として作品が紹介され、来場したたくさんのファンとの交流を楽しむ場面が放映。人気の高さが話題となりました。

 

日本のファンへ 制作風景の動画公開

デサップの息子さんが、日本のファンの皆様のために
来日展用として編集した動画です。
アトリエでの制作風景や作品に込めた想いも語られています。
(全1分38秒)

 

本物の絵画をぜひお部屋に

 

デサップの特徴である絵の具を厚塗りした質感は、本物の絵画ならではの魅力があります。お部屋に飾ることで、お部屋の高級感が増し、自信を持ってお客様をお招きいただけます。
末永く残る本物の一枚をぜひ、お選びください。

 

 

安心の返品保証

ご購入時の安心材料として、30日以内の返品受付、返品保証を行っており、
もしお部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

 

ギィ・デサップ作品のご購入をご検討の方

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。

 

TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

 

ギィ・デサップ絵画販売サイトまでお問い合わせください。

ギィ・デサップ 略歴 GUY DESSAPT

1938年 ギィ・デサップ、フランス、ソーヌ・エ・ロワール県、クルゾ市に生まれる。
1950年 リセヘ入学。
1955年 アトリエ、”ダーバル”ヘ入り、美術学、及び装飾美術学を学ぶ。
1960年

モロッコでの二年間の兵役の期間終了後、フランスへ帰国。制作活動開始。

アルルの地へ、豊富な光を描くため移り住む。

1961年 南フランス、サン・トロペに移住。
1965年

渡米、仕事と生活の場所としてニューヨークへ移住する。

以後、アメリカとフランスを往復しながら、世界各地で数々の個展を開催。

1980年 モンテカルロ国際現代美術グランプリ入選。カンヌ国際絵画大賞入選。
1991年 初来日しギィ・デサップ来日展を開催。好評を博す。
1994年

日本人女性と結婚。

以後毎年アメリカ(ニューヨーク)、日本を中心に積極的に個展活動をし、各地で絶大な人気を誇る。

1999年 VISA JAPANの2000年カレンダーに選定される。
2000年 九州石油の2001年カレンダーに選定される。
2003年

日清紡の2004年カレンダーに選定される。

以後、フランス・アメリカ・日本にて個展を開催するなど国際的に活躍中。