関根伸夫
作品一覧

関根伸夫の作品は画廊にてご覧いただけます。

作品一覧よりご興味のある作品がございましたらお気軽にお問い合わせください。

無料進呈! 絵画購入で失敗しないために、「絵画の買い方・楽しみ方 」テキストプレゼント

カタログ請求はこちら

 

 

安心の返品保証

ご購入時の安心材料として、30日以内の返品受付、返品保証を行っており、
もしお部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

 

関根伸夫作品のご購入をご検討の方

ご不明なことがありましたらスタッフが解決いたします。

お電話でもお気軽にご相談ください。

 

TEL:03-3561-1152
(平日土/10:00~18:00)

 

お問い合わせお待ちしております。

関根伸夫 略歴 SEKINE NOBUO

1942年 埼玉県に生まれる。
1962年 多摩美術大学大学院油絵科に進学。斎藤義重に師事。
1968年 現代日本野外彫刻展で深さ2.7メートル、直径2.2メートルに掘られた穴と、まったく同じ高さ、直径でできた土の円柱で構成された《位相―大地》を発表。同作は「もの派」の出発点とされている。
1968年 「長岡現代美術館賞展」に《位相-スポンジ》を出品、大賞を受賞
1970年 ヴェネツィア・ビエンナーレに《空相》を出品。これを機に2年間ヨーロッパに滞在。
1978年 ヨーロッパ3国巡回個展。
1986年 「ジャポン・デ・アヴァン・ギャルド1910–1970」(ポンピドゥー・センター)に参加。
1987年 「位相絵画展」を日本で巡回。
1994年 「戦後日本の前衛美術」(横浜美術館、グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ近代美術館)に参加。
2003年 川越市立美術館にて展覧会。
2005年 「もの派−再考」(国立国際美術館)に参加。
2012年 「Tokyo 1955–1970: A New Avant-Garde 」(ニューヨーク近代美術館)に 参加。