絵画買取MENU

アンリ・マチス 作品一覧
HENRI MATISSE

マチスが生前に制作したオリジナル版画や、人気の『ヴェルヴ』など、多数取り揃えご紹介しております。
掲載作品は翠波画廊で現品をご覧いただけます。


1 / 3123
1 / 3123

作品カテゴリ一覧

アンリ・マチスの生涯


 

「人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい」

マチスはピカソと並び、20世紀を代表する画家として語られます。

1869年フランス郊外に生まれたマチスは、法律を学んだのち、20歳を過ぎてから絵画の世界へと足を踏み入れ、油彩のほか多くの版画を残しています。
また「切り絵」という独自の表現方法で、晩年まで自らの芸術を探求し続けました。

その画家人生のなかで、マチスが目指したのは「人々を癒す肘掛け椅子のような絵」を描くことでした。彼は、鑑賞者の心を和ませることに、芸術の意味を見出していたのでしょう。

 

 

フォービズムとその後の画風

色彩を重要視していたマチスは、観る者の視覚的効果や心理的効果をその作品の上で追求しました。
当初はフォービズムに分類され、ルオーやヴラマンクなどとともに色彩豊かな作品を残しています。
フォービズムはその後の美術界にも大きく影響するほど、大きなインパクトがありましたが、長く続いたムーブメントではなく、
マチスも他のフォーブの画家と同じく、違う画風に移っていきます。

フォービズムの後のマチスは、2度のモロッコ旅行をきっかけに、1917年~29年頃非西洋のオリエンタリズムに影響を受けたプリミティブな作品を
精力的に制作します。また、色とともに線の動きも重要視した彼は、線描のデッサンや版画も多く残しました。

 

 

 

マチスと切り絵

 

1941年の大病ののち、油彩制作が難しくなったことをきっかけに、マチスは切り絵という次なる手法で色彩を追い求め始めます。

ベッドで制作することが多くなったため、助手によってあらかじめグワッシュで彩色された紙を切り抜き、貼り合わせて切り絵画を制作しました。

 

時代の流れや彼の人気の高まりとともに画風は移り変わりましたが、マチスは常に色彩や線描の美しさを追い求めていたのではないでしょうか。そして、線と色とを一度に表現できるものとしてたどり着いたのが「切り絵」だったといえるでしょう。

 

アンリ・マチスの生涯と作品


 

1869年 アンリ・マチス、北フランスのカトー=ガンブレジーにて、商人の家に生まれる。
1887年 パリへ出て法律の勉強を始める。
1889年 法律事務所の見習生となるためサン・カンタンへ戻る。盲腸炎の療養期間に母から贈られた画材で絵を描き始める。カンタン・ラトゥール美術学校の朝のデッサンコースへ通う。
1891年 法律を捨て、画家になることを決心し、パリのアカデミー・ジュリアンに入学。
1892年 アカデミー・ジュリアンをやめる。エコール・デ・ボザールの入学試験には落ちてしまったものの、特別聴講生として、ギュスターヴ・モローの教室に迎えられる。モローの教室では生涯の友情を結ぶルオーやマルケと知り合う。この頃より1894年にかけて、モローの奨めによりルーヴルに通い多くの模写を行う。
1896年 ソシエテ・ナシオナル・デ・ボザール展に4点の作品を出品。そのうち写実的な描写で、落ち着いた暗めの色彩で描いた「本を読む女」は国家の買上となり、ランブイエ城に飾られた。また同展の準会員に推挙される。
1898年 アメリ―・パレイルと結婚する。
1899年 彫刻にも関心があったマチスは、エコール・デ・ボザールを離れ、彫刻の授業を受けるべくアカデミー・カリエールへ移り、ドランやヴラマンクと知り合う。この頃、シニャックの影響を受けて新印象派的な作品を制作する。
1900年 経済的に困窮し、夫人はシャトーダンに帽子店を開き生活を助ける。
1902年 ベルト・ヴェイユ画廊への出品をはじめる。この頃最初の版画作品(ドライポイント)を制作。
1903年 サロン・ドートンヌ設立。ルオー、マルケ、ボナールらと共に出品。
1904年 ヴォラールの画廊において最初の個展が開かれる。
1905年

夏をドランとコリウールで過ごし、ともにフォービズムに達する。

 

フォービズムとは?

1905年のサロン・ドートンヌの同じ部屋に、マチスを始め、ドラン、フリエス、マルケ、ピュイ、ルオー、ヴラマンク等が作品を展示。荒々しく強烈な色彩で表現された作品が並び、それを見た批評家たちによってフォーブ(野獣派)のあだ名が付けられ、フォービズムが誕生しました。


 

1906年 アンデパンダン展に「生きる幸福」を発表。木版画やリトグラフの作品をはじめて手掛ける。
1907年

「青い裸婦」を制作し、同年のアンデパンダン展に出品。はじめて外国での展覧会へ出品する。

学校で絵を教える。

1908年

Note d’un peintre(二見史郎訳『画家のノート』に収録)を発表。

この年、モスクワの大コレクター、シチューキンが『食卓の赤のハーモニー』(エルミタージュ美術館)等を買い1911年にはその招きでモスクワを訪れる。

1909年 フェリクス・フェネオンの仲介でベルネーム=ジュンヌ画廊と最初の契約を結ぶ。
1911-12年

2年続けてモロッコへ旅行。この時代からさまざまな空間表現の実験、装飾的要素の大胆な使用

を試みる。



1916年

この年から冬をニース、夏をパリですごすことが多くなり、「オダリスク」の主題を好んでとりあげる。

 

『テラスのオダリスク』1922年 銅版画

terasunoodarisuku

 

 

 

 

 

 

 

 

マチスの代表的な題材であるオダリスクは、1912-13年頃のモロッコ旅行の時に着想を得たようです。オダリスクとは、トルコの後宮に仕える女奴隷のこと。オリエンタリズムの典型的な画題として、マチスの他にもアングルやルノワールがよく取り上げたテーマです。こちらの作品でマチスは、絨毯や調度品を装飾的に大胆な彩りで描いています。

 


1918年 ポール・ギョーム画廊においてピカソと二人展(カタログ序文はアポリネールが書く)。
1922年 リトグラフをはじめる。この一連のリトグラフ作品は1925年の「縞模様のパンタロンのオダリスク」においてその頂点に達すると言われる。
1931年 ニューヨーク近代美術館においてアメリカにおける最初の大規模な個展が開かれる。フランス国立美術館に素描6点を寄贈する。
1933年  アメリカ、メリオンのバーンズ邱の壁画『ダンス』を制作、以後、平面化と単純化の試み(『バラ色の裸婦』1935年、ボルティモア美術館など)をへて、40年代の大室内の連作に達する(『赤い大室内』1948年、パリ、国立近代美術館など)。
1934年 「ユリシーズ」のための版画を制作する。
1937年

ショスタコヴィッチ音楽、マッシン振付けによるバレー<赤と黒>の衣装および舞台デザインを依頼される。

1941年 大手術を受ける。
1942年 「シャルル・ドルレアン詩集」の挿画を制作。ピカソと交友。互いに作品を交換する。
1943年 ヴァンスの別荘に移る。この頃より、切り絵細工を始める。

 

『ヴィサージュ』1946年 リトグラフ

visage2visage4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デフォルメされた女性が一色で描かれたシリーズですが、簡潔な表現にも関わらず、それぞれの女性の表情がよく捉えられています。マチスらしいイラストタッチな作品で、彼の豊かな才能を感じられます。

『ヴィサージュ』作品一覧ページ >>


1947年 制作に3年かかった「ジャズ」がテリアードの編集により出版される。主要作品が、新しく建ったパリ国立近代美術館に入る。
1949年  ヴァンスのロザリオ礼拝堂着工。コーン・コレクションがボルチモア美術館に入る。
1951年

東京国立博物館、ニューヨーク近代美術館においてマチス展が開かれる。

1952年 故郷のル・カトーにマチス美術館が開館する。切り絵「ブルー・ヌード」の連作を制作する。

 

『青いヌード2』1958年 リトグラフ  

 

マチスの画風は時代によって変わりますが、身体のヴォリュームを描くというテーマは追及し続けました。晩年に描かれた「ブルー・ヌード」のシリーズは、その集大成ともいえる作品です。翠波画廊では1952年の切り絵の原画を基に制作された、リトグラフを多く取り扱っています。これらは『ヴェルブ』に挿入されています。


1954年

ニューヨークにおいて展覧会。ユニオン・チャーチのバラ窓をデザインする。113日、ニースで死去。

 


『ヴェルブ 35-36号』1958年

 

kuroihito_2

▲『黒い人』

zuruma

▲『ズルマ』

matisu_verve-300x260

▲『ヴェルヴ 35/36号』1958年刊行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1937年から60年にかけて、フランスで出版された大型豪華美術雑誌「VERVE(ヴェルヴ)」。
一人の画家に全ページを使った”世界で最も美しい美術雑誌”といわれるこちらの雑誌では、マチスの特集号も刊行されています。
また、「ヴェルヴ」のほか「ジャズ(1947年)」という作品集も有名で、
マチスは当代きっての色彩画家と評されました。
遊び心がありながらも、バランスの取れた色の配置、流れるような線の動きこそが、彼の追い求めた芸術だったのではないでしょうか。
モダンな配色と構図は、現代においても私たちの心をリズミカルに楽しませてくれます。

 

翠波画廊では1954年にマチス指揮のもと、
グワッシュで着色した紙をベースにした切り絵から制作された、
「ヴェルヴ」35/36号(刊行はマチス没後の1958年)からのリトグラフを販売しています。

 

翠波画廊では、レゾネに掲載されているオリジナル版画を販売しております。

 

 

matisu_rezone1マチス カタログレゾネ

「ヴェルヴ」1937~1960年のレヴュー本

マチス掲載ページ

「スカーフの若い女性」

1952年 リトグラフ(石版画)

作品詳細 >>

f ounokanasimi「王の悲しみ」

1958年 リトグラフ(石版画)

作品詳細 >>

 

 

アンリ・マチスの作品一覧ページ >>

 

 

マティスの値段について『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)より一部抜粋

 

印象派のメンバーが活躍していた頃はまだ画家の地位が低く、絵が高額で売れるとは考えられていませんでした。しかし、それから30年を経たマティスの時代、つまり20世紀初頭には、絵画は高額での売却が見込める資産になっていました。

そんな時代性もあり、マティスは40代で成功した画家として一定の名声を得ました。そして、自分の好きな絵に時間をかけて取り組む余裕を手に入れたのです。

 

年の離れたピカソと友情を結び、二大巨匠と並び称されるまでに至ったマティスは、ピカソに負けず劣らず、作風の変化が激しい画家でした。

といっても二人の性格は対極的です。感情的で気の向くままに振る舞いがちなピカソに対して、マティスは理知的な作家でした。セザンヌと同様、作品を作る時でも、一つひとつの線の意味や色の配置をじっくりと考えて制作していたと考えられています。

 

晩年のマティスは、紙の切り絵の作品を数多く作っています。中でも、1952年の『王の悲しみ』は、3mx4m近い超大作で、マティス自身「自分の最良の絵画に匹敵する」と自負する傑作です。

マティスの切り絵は、寒色系の青や黒、暖色系の赤や黄色を、原色で大胆に使うことで、絵が飛び出たり引っ込んで見えたりする効果をうまく利用しています。切り絵作品は油彩とはずいぶん違いますが、色彩に注目すると、さすがマティスとうなりたくなる理知性が見えてきます。

 

%e6%9c%ac%e3%81%ab%e9%bb%92%e7%b7%9a800

もっと詳しく知りたい方は・・・

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)

全国書店、amazonで好評販売中
詳しくはこちら >>

 

 

翠波画廊では、マチス作品の買取も行っております。マチスの油彩、版画作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。
買取査定は無料です。電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

 

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

 

アンリ・マチス 略歴
HENRI MATISSE

1869年 アンリ・マチス、北フランスのカトー=ガンブレジーに生まれる。
1887年 パリへ出て法律の勉強を始める。
1888年 法科適格試験に合格する。
1889年 法律事務所の見習生となるためサン・カンタンへ戻る。またその傍ら、カンタン・ラトゥール美術学校の朝のデッサンコースへ通う。
1891年 法律を捨て、画家になることを決心し、パリのアカデミー・ジュリアンに入学。
1892年 アカデミー・ジュリアンをやめる。マチスはエコール・デ・ボザールのモロー教室でルオー等と知り合う。この頃より1894年にかけて、モローの奨めによりルーヴルに通い多くの模写を行う。
1896年 ソシエテ・ナシオナル・デ・ボザール展に4点の作品を出品。そのうち「本を読む女」は国家の買上となり、ランブイエ城に飾られた。また同展の準会員に推挙される。
1900年 経済的に困窮する万国博覧会のためのグラン・パレの装飾を請け負う。夫人はシャトーダンに帽子店を開き生活を助ける。
1901年 シニャックの主宰するアンデパンダン展に出品する。
1902年 経済的困窮はさらに深刻となる。
1903年 サロン・ドートンヌ設立。最初の版画作品を制作する。
1904年 ヴォラールの画廊において最初の個展が開かれる。
1905年 ドラン、フリエス、マルケ、ピュイ、ルオー、ヴラマンク等がサロン・ドートンヌの同じ部屋に作品を展示。フォーヴの誕生。
1906年 アンデパンダン展に「生きる幸福」を発表。最初のリトグラフおよび木版をてがける。
1907年 「青い裸婦」を制作し、同年のアンデパンダン展に出品。
1909年 フェリクス・フェネオンの仲介でベルネーム=ジュンヌ画廊と最初の契約を結ぶ。
1910年 ベルネーム=ジュンヌ画廊において大規模な回顧展。
1913年 ベルネーム=ジュンヌ画廊で滞モロッコ作品の展覧会を開く。
1914年 ベルリンで回顧展が開かれるが、第一次大戦勃発により会場は閉鎖される。
1918年 ポール・ギョーム画廊においてピカソと二人展(カタログ序文はアポリネールが書く)。
1921年 ピッツバーグで開かれたカーネギー国際展に招待される。
1922年 リトグラフをはじめる。この一連のリトグラフ作品は1925年の「縞模様のパンタロンのオダリスク」においてその頂点に達すると言われる。
1930年 カーネギー国際展の評議委員としてアメリカへ招かれる(この年の大賞はピカソが受賞)。
1931年 ニューヨーク近代美術館においてアメリカにおける最初の大規模な個展が開かれる。フランス国立美術館に素描6点を寄贈する。
1934年 「ユリシーズ」のための版画を制作する。
1937年 ショスタコヴィッチ音楽、マッシン振付けによるバレー<赤と黒>の衣装および舞台デザインを依頼される。
1942年 「シャルル・ドルレアン詩集」の挿画を制作。ピカソと交友。互いに作品を交換する。
1943年 ヴァンスの別荘に移る。この頃より、切り絵細工を始める。
1945年 ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート美術館において、ピカソ・マチス二人展が開催される。
1947年 制作に3年かかった「ジャズ」がテリアードの編集により出版される。主要作品が、新しく建ったパリ国立近代美術館に入る。
1949年 ヴァンスのロザリオ礼拝堂着工。コーン・コレクションがボルチモア美術館に入る。
1951年 東京国立博物館、ニューヨーク近代美術館においてマチス展が開かれる。
1952年 故郷のル・カトーにマチス美術館が開館する。切り絵「ブルー・ヌード」の連作を制作する。
1954年 ニューヨークにおいて展覧会。ユニオン・チャーチのバラ窓をデザインする。
1954年 11月3日、ニースで死去。

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス