浜口陽三
作品一覧
YOZO HAMAGUCHI

浜口陽三のカラーメゾチントを取り揃えご紹介しております。
掲載作品は翠波画廊で現品をご覧いただけます。

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!
1 / 3123

漆黒に浮かび上がる色彩の光
黒々とした闇を彩る小さな輝き……赤や橙、青や紫の蝶、さくらんぼなど果物や、身近な静物をモチーフにした作品の数々は、シンプルな構図の中で奥深い情感をたたえ、
その静謐な空間は、世界中のファンを魅了しています。

 

世界が認めたカラーメゾチントの開拓者
1909年、ヤマサ醤油株式会社の10代目社長、濱口儀兵衛の三男として和歌山に生まれます。東京美術学校を中退してフランスに渡り、1955年には最初のカラーメゾチント
「西瓜」を制作。1957年にはサンパウロ・ビエンナーレの日本代表に選ばれ、日本人として初めて版画対象を受章。数々の国際的な賞を受賞し、作品集の刊行や、亡くなる
二年前には、東京にミュゼ浜口陽三が開館するなど、日本のみならず、世界的にその地位を確立し、20世紀を代表する銅版画家となりました。

 

 

中央公論美術出版刊のカタログレゾネ

生前に作ったオリジナル銅版画をご紹介しています。
No.178-4に掲載
(22のさくらんぼ:bird by snow and stir by still)

作品は画廊にございます。お気軽にお問い合わせください。

 

翠波画廊では、浜口陽三作品の買取も行っております。浜口陽三作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

浜口陽三 略歴
YOZO HAMAGUCHI

 

1909年 和歌山県に生まれる。
1915年 千葉県銚子市に移住
1930年 梅原龍三郎の助言により東京美術学校を中退、渡仏
1937年 最初の銅版画制作「猫」
1940年 第2次世界大戦のため帰国
1951年 東京・上目黒にアトリエを新築。銀座にて浜口陽三展を開催
1953年 銀座にて浜口陽三銅版画展を開催。再び渡仏、パリに定住
1954年 現代日本美術展で受賞「スペイン風油入れ」「ジプシー」この年、サロン・ドートンヌに銅版画を出品。会員となる。「魚と果実」をフランス政府とパリ市が購入。
1955年 最初の四色カラーメゾチントを制作「西瓜」
1957年 第1回東京国際版画ビエンナーレで東京国立近代美術館賞を受賞「水差しとぶどうとレモン」「青いガラス」。サンパウロ・ビエンナーレの日本代表に選ばれ、日本人として初めて版画大賞を受賞する。
1961年 リュブリアナ国際版画展(ユーゴスラビア)で受賞
1962年 浜口陽三作品集が美術出版社から刊行される。
1972年 第4回クラコウ国際版画
1981年 パリからサンフランシスコに移住
1982年 北カリフォルニア版画大賞展でグランプリ受賞「西瓜」
1984年 サラエボ冬季オリンピック大会でオリンピック記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用される
1996年 帰国
1998年 東京にミュゼ浜口陽三が開館
2000年 12月25日、逝去

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス