パブロ・ピカソ
作品一覧
PABLO PICASSO

ピカソが生前に制作したオリジナル版画、セラミック(陶器)、限定リトグラフポスターまでピカソ作品を取り揃えております。
掲載作品は翠波画廊でご覧いただけます。

カタログ無料進呈 作家作品情報を掲載したカタログを無料進呈中です。
メールマガジン配信 メルマガ限定の特別案内などを配信中。登録・購読は無料です。 イヌメポストカードプレゼント中!
1 / 9123...最後 »

20世紀を代表する画家の一人、パブロ・ピカソ。
ピカソの制作意欲は旺盛で生前に残した作品は版画だけでも10万点、その他油彩、水彩、セラミック(陶器)、彫刻などで5万点近くと言われています。
ピカソの作品を創業以来1000作以上販売実績のある翠波画廊では、ピカソの生前に作られた版画(オリジナル版画)と限定制作されたセラミック(陶器)を中心に
ご紹介しております。

 

作品は、レゾネに掲載されているオリジナル版画、セラミックを扱っております

1947~1971年のセラミック全作品を網羅した
アラン・ラミエカタログレゾネNo.458に掲載(顔 No.0)
翠波画廊では、南仏のマドゥーラ工房でピカソ監修の
もとに作られたセラミック(陶器)をご紹介しています。

1904~1972年の版画三巻とセラミック
一巻に作品を網羅したブロック編纂の
カタログレゾネ

1914~1974年の挿画本作品を網羅した
クラメール
編纂のカタログレゾネ

 

ピカソについて詳しくはこちら >>

ピカソの値段について~『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)より一部抜粋

 

 

ピカソは20世紀において最も有名な人物の一人です。
当然その作品も非常に人気が高く、常に高額で取引されています。
たとえば、1955年、ピカソが74歳の時に描いた『アルジェの女たち(バージョンO)』は、2015年のニューヨーク・クリスティーズのオークションで、手数料込み1億7936万5000ドル(約215億円)で落札されました。
この落札価格は、2016年時点では、オークションにおける美術品の史上最高落札価格記録となっています。
 ちなみに、この作品が1956年に個人収集家に売却された時の価格は21万ドルでした。60年の間に、価格が実に854倍になった計算になります。
 また、1997年にオークションにかけられた時の落札価格は3200万ドルでした。そこを起点としても、わずか18年の間に、価格が6倍近くはね上がったことになります。

 

 

 なぜ、ピカソの作品は、一目見たら忘れられないインパクトを持っているのでしょうか。そしてなぜこれほどまでにオークションで人気なのでしょうか。
ピカソを不世出の芸術家にしている要因の一つは、その作品の多さにあります。
作品数が多いということは、それだけ傑作の数も多くなります。さらに、常にどこかのオークションやギャラリーで作品が売買されることになるので、人目に触れたり、話題になることが多くなり、宣伝効果も高まります。多作であることが、ピカソ作品の価値を高めているのです。
一般的には、作品点数が少ないほうが希少価値が高まると考えがちなものです。ところが、実際はその逆で、作品点数が少なすぎると取引される機会が少ないために、逆に商業的価値が下がる傾向にあります。

 

 

 

 

picaso_arujenoonnatati

「アルジェの女たち」

 

 

 

 

%e6%9c%ac%e3%81%ab%e9%bb%92%e7%b7%9a800

もっと詳しく知りたい方は・・・

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎刊)

全国書店、amazonで好評販売中
詳しくはこちら >>

 

翠波画廊では、ピカソ作品の買取も行っております。ピカソの絵画・版画・セラミック作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

ピカソ買取専門ページ >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

 

 

パブロ・ピカソ 略歴
PABLO PICASSO

1881年 パブロ・ピカソ、スペインのアンダルシア地方マラガに生まれる(10月25日)。父、ドン・ホセ・ルイス・ブラスコはサンテルモ工芸学校の図画教師。母、マリア・ピカソ・ロペスはアンダルシア出身。
1891年 父の教えるダ・グワルダ美術工芸学校に通う。
1895年 バルセロナで父が教えていたラ・リヨンハ美術学校に入る。
1897年 マドリッドの美術展で「科学と恩寵」が受賞。最初の個展。マドリッドのサン・フェルナンド王立美術学校上級に入学。
1900年 ピカソ、最初のパリ旅行。画商マニャックと契約。
1901-04年 青の時代
1901年 2度目のパリ旅行。ロートレック、スタンランの影響をうける。ヴォラール画廊で個展。この頃から"Picasso"のサインをするようになる。
1902年 3度目のパリ旅行。パリのベルト・ウェール画廊で個展。ヴォラール画廊で個展。
1904-07年 バラの時代
1904年 4度目のパリ滞在。モンマルトルの「バトー・ラヴォワール(洗濯船)」に住む。銅版画「曲芸師(レ・サルタンバンク)」シリーズの制作をはじめる。
1905年 ピカソ、アポリネールと会う。ガートルード・スタインやシチューキンなど何人かの蒐集家があらわれる。
1906年 アンリ・マティスと会う。
1907年 ブラック、ドランと会う。
「アヴィニョンの娘たち」完成。画商ダニエル・ヘンリー・カーンワイラーと契約をむすぶ。セザンヌの回顧展に感銘をうける。
1909-18年 キュビズムの時代
1909年 クリシー通りに移る。分析的キュビスムの作品を制作。ドイツで最初の個展。
1911年 パブロ・ピカソ、ニューヨークで最初の個展。
1912年 イギリスで最初の個展。コラージュの制作をはじめる。
1918-25年 新古典主義の時代
1922年 第1回シュールレアリスム展に出品。
1930年 「ピカソ夫人像」がカーネギー賞を受ける。ヴォラール・シリーズの版画を制作しはじめる。37年完成。
1931年 ロンドンで「ピカソの30年」展。
1932年 パリとチューリッヒでピカソ大回顧展。
1936年 スペインに内乱勃発、ピカソは人民戦線を支持し、プラド美術館館長となる。ドラ・マールと交際をはじめる。
1937年 「フランコの夢と嘘」を刊行。グラン・ゾーギュスタン通りにアトリエをもつ。「ゲルニカ」を制作し、パリ万国博のスペイン館に展示。
1939年 ニューヨーク近代美術館で「ピカソ芸術の40年」展。
1942年 ビュフォンの「博物誌」の挿画制作。
1944年 サロン・ドートンヌに戦争中の作品を発表。ピカソ共産党に入党。
1945年 ピカソ、リトグラフに熱中。この頃から南仏に長く滞在する。
1946年 ヴァロリスで陶器をはじめる。
1950年 ヴェネチア・ビエンナーレで特別陳列。「鳩」のポスターを制作。
1951年 東京で初のピカソ展。
1952年 「戦争と平和」を制作。
1953年 ローマ、ミラノ、リヨン、サンパウロで大回顧展。フランソワーズと別れる。
1954年 「アルジェの女たち」を制作。
1955年 カンヌへ移る。パリとミュンヘンで大回顧展。
1956年 同じくケルンとハンブルグで大回顧展。ロンドンで「ピカソの版画50年」展。
1957年 ニューヨーク近代美術館で「ピカソ75歳記念」展。神奈川県立近代美術館でピカソ版画展。
1958年 パリのユネスコ会館に「堕天使」を制作。リノカット版画をはじめる。
1959年 べラスケスに基づく「ラス・メニーナス(宮廷の女官たち)」を発表。
1960年 ロンドンで大回顧展。
1961年 東京でのピカソ版画展。「草上の食事」を発表。
1962年 ニューヨークで、ピカソ80歳記念展。東京で「ゲルニカ」展。
1964年 カナダのトロントとモントリオールで「ピカソと人間」展。「画家とモデル」「サビヌの女の掠奪」を発表。東京、京都、名古屋で大回顧展。
1966年 パリで85歳の記念大回顧展。ロサンゼルスで「ピカソ版画の70年展」。
1967年 ロンドンとニューヨークで彫刻と陶器展。シカゴのシヴィック・センターにモニュメントを制作。
1968年 「347点の銅版画」展がパリ、トロント、シカゴで開催。
1969年 同展、日本、ロサンゼルス、等で開催。ピカソの帰国と「ゲルニカ」の展示を要請したスペイン政府に対して、拒否を声明。
1970年 バルセロナのピカソ美術館に約900点の作品を寄贈。ミュンヘンで版画展。ニューヨークで大版画展。アヴィニョンで近作展。東京、大阪、名古屋で「ピカソ、100点のエロチカ」展。
1971年 東京、大阪等で「ピカソ、女性たち」展。
1972年 ロンドン、パリ、ニューヨーク各地で「オマージュ・ア・ピカソ」展開催。
1973年 4月8日朝アルプ・マルチーム県ムージャンのノートルダム・ド・ヴィの自宅で死去。遺骸はヴォーヴナルグ城の庭に埋葬される。

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス